経済産業省が認めた経営革新のプロフェッショナル
経営を定義するとこうなります。

“経”とは「筋道(道理)を通すこと」であり、“営”は、それを「行動に現す」ことです。教育(寺の修行)ではこれらのことを「布」に例えて、経は織物でいえば縦糸のことで、縦に筋がしっかり通っている様子(正しい筋道、正しい道理)を示していて、営は横糸で、自由奔放(じゆうほんぽう)に動く様子のことをいいます。

縦糸は、時が経っても「変わらないもの」「変えてはいけないもの」とされ、創業の精神や理念、または伝統や価値観などを指しています。横糸は、時代に合わせて「変えていくもの」「変えなければいけないもの」で、テーマを変えながら様々な分野にチャレンジしていくというものという捉え方が一般的で、組織運営の基本を言い表したものです。私達は、この経と営の両方に精通する精鋭によって中小企業経営者様と個人事業主様をご支援させて頂きます。

最新の情報をタイムリーにお届けしています。

平成27年8月に、中小企業庁から”小規模企業白書”が刊行されました。これから判る様に、この国はやっと小規模企業の現状を把握すると同時に、支援策の実施を行っています。これらを含めて、最新の支援策などの情報をお届しておりますので、お見逃しなく!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

こちらもご覧ください。

ソーシャルメディアで情報発信をしています。
  • facebook
  • twitter

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © オフィスピーチクラフト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.