こんにちは。こんばんは。ピーチクラフト阿部でございます。

いつも本当に多くの方に読んで頂いております。ありがとうございます。感謝いたします。

さて、唐突ですが、皆さんは勉強されておられますでしょうか? 

私がエンジニアだった時代は、専門的な知識を深くする為に、技術士の資格取得に向けて勉強をしておりました。専門的な分野の勉強は、狭い範囲を深く掘る作業と言っていいでしょう。

ところが、独立して経営者になったとたんに、今まで以上に知識を増やさなくてはいけなくなります。労働法、労働基準法などの労働関係に関わる法律や、会計、税金に関わる知識も必要になります。これ以外にも、マーケティングやITの知識も必要になってきます。

今日は私からのお願いがあります。

個人で事業をされておられる方は、多くの知識を得るのに努力されておられ、大変なことだと思います。そして、社員も増えて、会社組織にとして人数も10人20人となると、役職や担当者が専門の役割を持つようになる。

経営トップは、その報告を聞いて経営の判断をしなくてはいけない訳です。従って、耳に入る情報の質によって判断も変わると言えるのではないでしょうか。

そこで、質問です。あなたが会社のトップだったとしたら、あなたの側にいる重役の方々は勉強しておられますか? もしも、あなたが会社の部長や役員であるなら、ちゃんと勉強していますか?

情報量が違うなんて言い訳になりませんよ。

経営トップと役員では、入って来る情報が違うかも知れません。しかし、それを言い訳にしちゃいけません。
会社の経営層に居るのなら、自分でできる限りの業界情報や日本の経済的な動きを知る必要があります。そうしないと、経営トップとの間に徐々に溝が生まれます。

言っておきますが、経営トップから意見を求められた時に、明確に答えられる様で無ければ役員の椅子が危ないと感じてください。組織が小さいと、使用人兼役員になっておられると思いますが、ただの使用人に格下げもありますよ。下手をすると、退職しなくてはいけない事態になります。

私が過去に見た事例で多いのは、営業部長が社長の意見を聞かなくなって、部下を連れて出て行ってしまったです。狭い業界だと、すぐに情報は回ります。何故、そうなったのか。出て来た会社の社長はどの様に思っているのかなどなど、すぐに情報は回ります。そして、業界が出て来た部長の新しい会社を受け入れなかったらどうなるでしょう。

強い組織は、社長が素直で勉強熱心。そして、コミュニケーションと人心掌握が上手い方が多いです。そこで、組織で働いておられる幹部の方々にお願いです。

経営者と言われる方々は、24時間経営者なんです。経営者であることを忘れることなんて、まず無いと言えます。同じ様な思いで、過ごしてくださいとまでは言いませんが、最新の情報を収集し考えを深めることに注力してください。

 

4dd9e40394c9833d1dceb197f2ae1dc1_large

仕事と作業の違いが判りますか?

もっと簡単に言っておきます。普段のあなたのお仕事は、作業ですか? 仕事ですか?

作業に意味を持たせ、価値を創造するからこそ”仕事”と言えるのではないでしょうか。価値にもいろいろとあると思いますが、周りが楽になることを考える。それが”はたらく”です。

あなたが経営トップに近ければ近いほど、良い仕事をしていますか。上手くはたらいていますか。常に意識をしてください。これが、わたしからのお願いです。

あなたの事業の進展を心から願っております。では。

私への質問やお問い合わせはこちらからどうぞ。