こんにちは。こんばんは。オフィスピーチクラフトあべです。

今日のタイトルは面白いと思いませんか? 少し詳しく私の体験をお話ししましょう。

以前、新たな就職先を見つけようとして面接をして頂いた時のお話です。

社長室の会議テーブルで経営トップの方とお話していて、なかなか良い感触を得られていました。

心の中では、採用してもらえそうだと思っていました。

 

その時に、そのトップの方が電話で、開発部門を統括するリーダーに社長室の来るようにと連絡されました。

そして、開発部門のリーダーが私の前に座られて、私に質問されました。

君は、組み込みシステムのプログラムをできるかな? いま、それが出来る人を探しているんだけど。

私は窮地に立たされました。

 

過去にプログラムは書いた事はあるけど、組み込み系はまるで駄目。正直、まずいなぁと思いました。

ここで、どう答えたものか。

私の口から出た言葉は”それは、できません”です。

少しならプログラムの経験がありますが、その分野の知識はまったくありません。 努力はできると思いますが、その分野の知識を持っていないのでお役にたてるかどうか。

そう申し上げました。

その答えを聞いた開発部門のリーダーは ”面白いことを言ったよね。 開発が主な会社なのに、開発できませんと答えるって。普通は、何とかしますとか。後々勉強しますとか言うよね~”

そこで、私からお話させて頂きました。

私が出来ないことを出来ると言って、御社に採用されたとしたら、お互いの不幸を生む結果になると思います。ですので、最初に申し上げておきます。

それを黙って聞いていた経営トップが口を開きました。

開発部門に新しく作った部門があっただろ。とりあえず、そこに座らせといたらどうだ?

ネガティブは否定ではない。

実は、その部屋の中で、一部始終を見ていた方が居られます。その方は、相談役として在籍されておられ、元大手電機メーカーの社長さんです。

その方が口を開きます。

横から口を出して良いもんやら判らないが、彼みたいなタイプの社員は我が社には居ないのではないかな。いま、彼をのがしてしまうのは惜しい気がしますよ。

 

ちょっとの間沈黙が流れました。

ビジネスマン

 

そして、経営トップが口を開きます。いつから来る? 本社勤務だけど大丈夫だよな。

 

人間は、手に入れたい物がを見つけた時に行動を起こします。また、危険な状態やネガティブな状態に陥らない為にも行動を起こします。

いま振り返ってみると、危険を回避する為の行動が、欲しい物を手にする為の行動になり、私は新たな職場を点入れました。

ここには、行動の原理がきちんと見えています。

人は欲しい物を手に入れる為に行動する。

そして、危機や危険な状態を回避する為にも行動する。

 

世の中的には、モチベーションアップはポジティブからと言われる風潮にあります。そして、ネガティブな発言の全てが駄目だと思われがちです。

そこには、人間の行動の本質を理解していない、風評があるだけではないでしょうか。そんな考えは75日で消え去ってしまうと私は思います。

ネガティブと思える発言も、危険や危機を回避することにつながることがあると覚えておいてください。

あなたの事業の進展を心から願っております。今日はここまでといたします。ありがとうございました。