こんにちは。こんばんは。オフィス・ピーチクラフト 阿部です。いつも多くの方々にお読み頂いてありがとうございます。

資料を作成する最中に、ちょっと調べものをしていました。そこで、経営の意味をいろいろと調べてみました。そんな訳で、今回は言葉の語源について書いてみました。

まずは、”経営” を国語辞典を調べてみました。

デジタル大辞泉の解説
けい‐えい【経営】[名](スル)
1 事業目的を達成するために、継続的・計画的に意思決定を行って実行に移し、事業を管理・遂行すること。また、そのための組織体。「会社を経営する」
2 政治や公的な行事などについて、その運営を計画し実行すること。「国家の経営」
3 測量して、建物をつくること。
4 物事の準備や人の接待などにつとめはげむこと。けいめい。
5 急ぎあわてること。けいめい。

これでは、その字が持つ本来の意味とは少し遠い感じがしましたので、再度調べてみました。

そんな中で、牧野豊潤(まきの・ほうじゅん)氏が解説されている中で、経営とは仏教用語であると書かれています。これには、納得です。

“経”とは「筋道(道理)を通すこと」であり、“営”は、それを「行動に現す」ことです。教育(寺の修行)ではこれらのことを「布」に例えて、経は織物でいえば縦糸のことで、縦に筋がしっかり通っている様子(正しい筋道、正しい道理)を示していて、営は横糸で、自由奔放(じゆうほんぽう)に動く様子のことをいいます。

縦糸は、時が経っても「変わらないもの」「変えてはいけないもの」とされ、創業の精神や理念、または伝統や価値観などを指しています。横糸は、時代に合わせて「変えていくもの」「変えなければいけないもの」で、テーマを変えながら様々な分野にチャレンジしていくというものという捉え方が一般的で、組織運営の基本を言い表したものです。

 

荷物

これ以外に”経済”と”利益”も仏教用語です。

経営に密接に関連するものとして「経済」や「利益」があります。これらも実は仏教用語です。
経済の語源は「経世済民(けいせいさいみん)」に由来しています。

「世の中を治め、人民を救済(喜びを与える)すること」という意味合いがあり、天下人(びと)が、リーダーシップを発揮して、国を治めることを意味していることが語源になっています。

経営の結果(成果)としての目標はやはり利益(りえき)です。経営目標に利益がない企業はありません。企業にとって利益は重要な指標です。

仏教では、「利益(りえき)」を「りやく」と読みます。“ごりやくがありますように”と言いますが、まさにそれです。この場合の、「りやく」とは、仏さまや神さまにお参りし、その結果として病気が治る、商売が繁昌する(りえきをもたらす)、ためになる、与えられる恵みなどなど、善行の結果として得られるものという幅広い意味合いがあります。

詳しくは東京IT新聞の牧野豊潤(まきの・ほうじゅん) 特集でご覧ください。

言葉の意味の大切さ

横文字が氾濫する中にあって、きちんと言葉の意味を捉える大切さを再認識しました。

以前、経営者の方とお話する中でも、言葉の持つ意味が判らずに会議で使っていないか?との話もありました。

例えば、粗利と経常利益を混同している。目的と目標がきちんと認識できていない。

これは、社会人としての常識とも思いますが、国語力の低下には驚いてしまいます。

同時に、語彙の少なさも気になる所です。また、今までに、これはどうなんだろう?と思ったのが、”社運”の使い方です。

これも、国語辞典では、会社の命運。会社の存亡・盛衰。とあります。

しかし、運命について調べてみるとこうなっています。

運命(うんめい、ラテン語 fatum、英語 fate、destiny)とは、人間の意志をこえて、人間に幸福や不幸を与える力のこと。あるいは、そうした力によってやってくる幸福や不幸、それの巡り合わせのこと。
(ウィキペディア)

人の考えもおよばない所から、人間の意志をこえて影響を及ぼす力が運命です。会社の運命を、人間の意志の届かない所にあるとするのは、おかしな話になっていませんでしょうか。

多分、この様な解釈があるからではないかと思います。
「宿命は変えることはできないが、運命は本人次第で変えることが可能だ」

(ウィキペディア江原啓介氏より)

これも、仏教の考えから来ているのではないかと推測できます。それは、この様になります。

善因善果、悪因悪果、自因自果

原因と結果が対であり、善い原因は善い結果を得る。自分の原因は自分に結果が返るとなっています。

そして、宿命とは、前世から定まっている運命。避けることも変えることもできない運命的なもの。

そこから考えると、善い行いをしている会社は善い結果を得ることができると言えます。

 

さて、皆さんの心の中に、運命とはどの様なものだと在るのでしょうか。

同じ言葉を使っていても、伝わる伝わらないが出て来るのがご理解いただけたでしょうか。

あなたの事業の進展を心から願っております。では、このへんで失礼いたします。