満月のクリスマスになりましたね。こんばんは。オフィス・ピーチクラフト 阿部和也です。

音も無く新年が近寄っていますね。クリスマスの今夜は、いつもと違う感じにしてみました。

私は小さい頃から音楽が好きで、音楽に囲まれて過ごしてきたと言えます。そんな訳で、今夜は音楽を1曲選んでみました。

森 麻季さんの歌声でカッチーニのアヴェ・マリアAve  Maria- Giulio Caccini _Mori Maki

すごくパワフルな声で、引きこまれてしまいます。いい曲です。

 

 

先日もお伝えしましたが、補正予算が成立いたしました。

今年の補正予算の内容は以下を参照してください。

経済産業省ホームページ
平成27年度経済産業省関連補正予算案等の概要

以前にブログでもご紹介しましたが、この3つについては中小企業が狙える範疇にあると思いますので、利用を考えておかれても良いと思います。

■小規模事業者支援パッケージ事業
小規模事業者が販路開拓を行う際に最大50万円、2/3の補助があります。
従業員の待遇改善を実施するなら、最大100万円までの補助となります。

■ものづくり・商業・サービス補助金
技術を伴う商品・サービス開発に対して、上限1,000万円の補助金で新事業を後押ししてくれます。
補助率は2/3と大きいことから製造業を中心に使われています。

■中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業
ボイラーやエアコン、空調機器、給湯機器などを新しくすることで、省エネルギー効果が期待できるものを導入する際に活用できます。ある程度の規模が必要ですので、慎重な計画が必要です。

先に資金の用意が必要です。

補助金全てについて言える事ですが、事業に使う資金は全て前払いです。事業が終わって、収支報告がなされて、確認ができてからの支払いとなりますので、それまでの資金が必要です。

ここは、注意してください。

例えば、1,500万円の2/3助成としてものづくり・商業・サービス補助金を計画するなら、1,500万円の準備が必要だと言うことです。

これについては、中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の認証を受けると同時に、金融機関と交渉しておいて、補助金を申し込むのが良いかと思います。事業計画の確かさを、事前に確かめる意味でも安心感がありますね。

ちなにみ、当社では経営革新計画の承認取得もサポートさせて頂いております。過去に100件以上の実績を持っているのは、関西ではお目に掛かったことがありません。

もちろん、経営革新等支援機関として登録されていますので、事業計画の有効性も確認させて頂けます。

また、小規模事業者支援パッケージ事業についても、多くのアドバイスをさせて頂いて、全ての計画が採択され、事業として取り組まれ、成果につながっています。

紙に書くだけの事業計画では無く、実際に有効な方法として、販路拡大と売り上げの貢献を実現できました。

もうすぐ新年ですので、今年を振り返る意味でも記事にさせて頂きました。来年から、事例集としての事業計画に作り方を掲載したいと考えておりますので、楽しみにしていてください。

あなたの事業の進展を願っております。お問い合わせなどは、こちらからお願いいたします。