節分も終わり、事実上の新年になりました。

新年の想いは1月1日と言われていますが、この厳冬期に感性を研ぎ澄ませて考えてみるのも良いでしょう。

私も想いを新たにしました。

雲と太陽

正しく生きるとは、善良であること。

私たちの潜在意識に埋め込まれた、”善良であるとは?の定義”に従って無意識の選択が行われる。

権力を持ちたい、人を意のままに動かしたいなどの欲望とは無縁である。

世界は冷酷にも、同じ価値観を持った人達だけをつないでゆく。

私が見るこの世界は、善良の価値観を持った人達が手をつなぎ永遠の未来を創ってゆく。

Feb 14 2017

私の目の前に見える世界は、信頼とやすらぎによって創られている。

猜疑心や悪意とは無縁の世界を目指して。そして、自分が善良であることを。